テーマ:インフルエンザ

ドラッグストアにて

ドラッグストアに行きました。 すると… マスクはガーゼの物以外は一つもなく、ジェル状のアルコール消毒の物もありませんでした。 クレベリンがわりとたくさんありました。 麻黄湯も売り切れ状態でした。 マスクでも、安いマスクでは、インフルエンザの予防をするのは難しいらしいです。 あくまでも咳…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最強のワクチン?

もう4年以上前の話です。 まだ娘が、3ヶ月位の頃でしょうか。 私達夫婦が、インフルエンザにかかりました。 熱も40度くらい出ていました。 妻は根性で娘の育児をしていました。 母乳での育児です。 二人とも、完全に治るまで一週間近くかかりましたが、その間娘が調子悪そうな素振りはついぞ見せませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ対策 4

漢方薬の麻黄湯です。 初期段階の服用で、タミフルと同等の効果が期待できて、しかも重大な副作用が少ないそうです。 新型インフルエンザにも有効ではないかと期待されているそうです。 そしてこの薬、こどもでも量を減らすと服用できるようです。 しかも、賞味期限も5年くらいある! これ一箱で980円します。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ対策 3

クレベリンスプレーです。 ラッパのマークでお馴染みの、大幸製薬の製品です。 正露丸で有名ですね。 このクレベリン、強毒性の新型鳥インフルエンザにも効果が期待できるということで、去年あたり、据え置きタイプの物をドラッグストアで見かけるようになりました。 とりあえずの使用方法は、みんなが手を触れる部分の消毒や、吐し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザ上陸

とうとう日本で新型インフルエンザが確認されましたね。 それも、渡航経験のない高校生とか… と言うことは、水際で阻止!なんて対策をしているうちに、 もうどんどん上陸していたのではないか? そして、普通のインフルエンザと同じ治療を受けたり、 そのまま治っちゃったりした人が多数いたのでは? インフルエンザの水際での阻止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ対策 2

マスクとうがい手洗いの実施、咳をするときの行動… マスクをしていないときに、咳をするときは、二の腕や肘あたりを口に当ててするようにします。 手で口を押さえたりすると、手にウイルスが付着して、その手で触ったドアノブ等にウイルスが付いて、二次感染を巻き起こす可能性が出てきます。 その点で、手洗いが大事になってきます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インフルエンザ対策 1

おととい、ドラッグストアに行きました。 すると…あるわあるわ…対策用品。 まずはマスクを手に取りました。 60枚入りの物と、子供用のスティッチのイラストの不織布で出来たものです。 そして、医薬品と消毒スプレー。これはまた改めて紹介します。 次に紙おむつ。 これは、息子が最近巨大化してきて、サイズが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザ

新型インフルエンザが流行して、大騒ぎしています。 メキシコを中心として、感染が拡大しているようです。 日本の水際対策を見るに、少し混乱して、手際のあまり良くない感じを受けます。 今回のこのウイルス、弱毒性だとか。 死者数が発表されましたが、医療レベルの日本よりも低い国であることや、呼吸器系に持病のある方だった…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

H5N1型ウイルス襲来

岡田晴恵著 『パンデミック・フルー』と同時に買った本です。 こちらも、新型ウイルスがどんなものか、対抗するための手段があります。 常に最悪の自体を想定しておかなければならないのでしょうが、なかなか食料や水の備蓄は難しいです。 そのとき子供は?と考えるとそうも言ってはいられないのですが…。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンデミック・フルー

岡田晴恵著 新型ウイルスが叫ばれて久しいですね。 一応対策を練らねばと思い、2冊購入したうちの一冊です。 表紙からしてインパクトが強いですが、内容を見ると、もっと恐ろしくなります。 今現在も、東南アジアや中国では、死者が出ていますね。 どういうウィルスかくらいは知っていたほうがいいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more