星について語ってみる~ふたご座

ある日の夜更けに、ふと空を見上げたら、
ふたご座が見えました。


小学校のころから疑問に思っていたのが、
ふたご座ってなぜか、α星よりも、β星の方が明るいんです。

通常の正座だと、α…β…γ…の順で暗くなってくんですが、
なぜかふたご座は、αとβ星が逆なんです。

ところで、ふたご座の双子、カストルとポルックスって名前なんですが、
α星の暗いほうが、カストル(兄)で、
β星の明るいほうが、ポルックス(弟)なんですね。

どうやらここら辺に、謎を解く鍵がありそうな予感…

まぁ、予感にとどめておきます。


んで、この星を見て思うのが、
聖書のカイン(兄)とアベル(弟)の物語と、
日本神話の、海幸彦(兄)と山幸彦(弟)の物語、
近いところでは、やっぱり『北斗の拳』の、
ジャギ(兄)とケンシロウ(弟)の関係とか…(笑)


ふたご座の物語って、だいぶ前に読んだ記憶もあるんですが、
小学校のころだったからあまり良く覚えてないんですが、
カインとアベルの関係にしろ、海幸彦と山幸彦、
ケンシロウとジャギの関係にしろ、
弟の方が輝いてるんですよね。
(まぁ、アベルは死んじゃうんだけどね)


聖書にしろ、日本神話にしろ、
北斗の拳にしても、
こういう寓話があるってことは、
それなりの根拠と言うかなんというか…


まぁ、弟を持つ身としては、
なんだかもやもやしたものがありますわ(笑)


ふたご座の物語、後で読んでみようっと♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くみちょう
2011年11月10日 10:08
まぁ、兄を持つ身としては、
なんだかもやもやしたものがありますわ(笑)

兄弟って、兄貴がしっかりしていて、
弟はその分自由にやっている・・・
兄貴が支えてくれているから、弟は輝ける。
と、兄貴想いなコメントをしてみます(笑)

とりあえず、ジャギにはならないでください(爆)
ラオウかトキでお願いします。
チャッキーパパ
2011年11月13日 00:00
西洋と日本の神話で、
あまりにも似た感じなので、
ちょっと気にかかりますね。

ラオウにトキ…
本当に、すさまじい兄弟ですよね(笑)
ジャギがひねくれるのも分かる!?

この記事へのトラックバック